ここから本文です

アラン・ドロンの特集が開催、「山猫」「地下室のメロディー」など上映

5/15(月) 10:00配信

映画ナタリー

アラン・ドロンの特集上映が7月1日から14日にかけて東京のBunkamuraル・シネマにて行われる。

今回の特集は、1957年に公開された「女が事件にからむ時」で長編映画デビューを果たしたドロンの俳優生活60周年を記念するもの。ルキノ・ヴィスコンティが監督を務めた「山猫」、マルセル・プルーストの小説を原作にした「スワンの恋」、ジャン・ギャバンが共演した犯罪アクション「地下室のメロディー」といったドロンの出演作がスクリーンにかけられる。ほかに「冒険者たち」「太陽が知っている」などを上映予定。詳細は決まり次第、劇場公式サイトで発表される。

2018年完成予定の映画と、その後に出演する舞台を最後に引退を発表しているドロン。多くの人々を魅了した彼の美貌をスクリーンで味わってみては。

俳優生活60周年記念特集上映 アラン・ドロンに魅せられて
2017年7月1日(土)~14日(金)東京都 Bunkamuraル・シネマ
<上映作品>
「山猫」
「スワンの恋」
「地下室のメロディー」
「冒険者たち」
「太陽が知っている」など
料金:一般 1500円 / 学生 1100円
※リピーターは1100円

(c)1962 Cite Films (logo ROISSY FILMS)

最終更新:5/15(月) 10:00
映画ナタリー