ここから本文です

PUFFY デビュー21周年記念日に21曲を熱唱 「これからも私たちなりにPUFFYをお届けする」

5/15(月) 16:30配信

エキサイトミュージック

PUFFY(大貫亜美・吉村由美)が、5月13日に東京、EX THEATER ROPPONGIにて、ライブ『PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21』を行った。このライブは、PUFFYデビュー21周年を記念して名古屋と東京で開催、この5月13日は1996年にPUFFYがシングル『アジアの純真』でデビューした記念日となっている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

以前よりPUFFYデビュー記念ライブは雨に見舞われるエピソードがあり、本ライブも定番の雨となったが、満場のファンにとっては祝福ムードの演出となった。ライブは「COSMIC流れ旅」でスタート、由美がMCで「今日は、マニアな人がいっぱい集まっているから、マニアな内容でお届けします」といった通りの、新旧の隠れた名曲たちがパフォーマンスされた。

ライブ中には、亜美のアコースティックギター、由美のテナーサックスが披露されるなど、随所に新たなライブアレンジが加えられ、聴きごたえのなるセットリストとなった。

ライブの中盤には、最新楽曲でアニメ映画『しまじろうと にじのオアシス』の主題歌、「冒険のダダダ」のサウンドプロデューサーを務めた堂島孝平がスペシャルゲストとしてステージに迎えられた。堂島孝平は「PUFFYは、日本音楽界の女性デュオの歴史を変えた貴重な存在。尊敬してます」と祝福のコメントを述べ、「冒険のダダダ」にギターとコーラスで参加し記念ライブに華を添えた。

「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」や、最新シングル「パフィピポ山」など、ライブでは欠かせない楽曲も織り込まれたセットリストは、21周年にちなんで21曲。デビュー記念日の好天を祈った「晴れ女」で締めくくられた。

アンコールに登場したPUFFYは「これからも私たちなりに、新しいことを取り込みながら、PUFFYをお届けするので、よろしくお願いします」とファンに感謝を述べ記念ライブをまとめようとしたところ、堂島孝平がお祝いの豪華なケーキを携えて再登場、PUFFYの二人にとってのサプライズ演出となった。

幸福感に満ち溢れた記念ライブは、満場の手拍子による「愛のしるし」によって120%の満足度をもたらし幕を降ろした。今後PUFFYは、多方面のイベントライブへの出演が決定しており、21周年も精力的に活動していく。

≪セットリスト≫
1. OSMIC流れ旅
2. パフィピポ山
3. Shall We Dance?
4. すみれ
5. JOINING A FAN CLUB
6. 赤いブランコ
7. アジアの純真
8. スーイスーイ
9. MOTHER
10. Your Love Is A Drug
11. マイカントリーロード
12. サヨナラサマー
13. 冒険のダダダ(ゲスト:堂島孝平)
14. はじまりのうた
15. Tokyo I'm On My Way
16. 渚にまつわるエトセトラ
17. 愛のオデッセイ
18. 君とオートバイ
19. マイストーリー
20. オトメモリアル
21. 晴れ女
<ENCORE>
1. フィッシュ・オン
2. 愛のしるし