ここから本文です

逮捕の少年、殺害後に放火か=死亡少女の喉にすすなく―警視庁

時事通信 5/15(月) 5:25配信

 東京都台東区のマンションで火災があり都立高3年佐藤麻衣さん(17)が遺体で見つかった事件で、遺体にはすすを吸い込んだ跡が見られないことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁は交際相手で同じ高校の3年の少年(18)=殺人容疑で逮捕=が殺害後に火を付けたとみて調べている。

 捜査関係者によると、少年は「布団に火を付けた」と供述。佐藤さんは自宅マンション一番奥の部屋で布団の横であおむけに倒れていた。

 遺体の背中には、やけどの痕が少ないことも判明。少年は「首を絞めた」とも話しており、同庁は放火した際に佐藤さんが既に死亡していた可能性もあるとみている。

 少年は3日、佐藤さんと一緒に外出し、映画を見た後の午後8時半ごろ、佐藤さんを自宅マンションまで送った。4日午前8時35分ごろに自ら「火事です」と110番した。

 通報時、少年は駆け付けた警察官らに「訪ねて行ったら玄関の鍵が閉まっていた。開いていたベランダから入った」と話したという。佐藤さんの家族は3日午後から旅行中で不在だった。 

最終更新:5/15(月) 18:54

時事通信