ここから本文です

〔東京外為〕ドル、113円台前半=手掛かり欠き、小動き(15日午後3時)

時事通信 5/15(月) 15:30配信

 15日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、手掛かり材料を欠き、1ドル=113円台前半で小動きとなっている。午後3時現在、113円37~37銭と前週末(午後5時、113円59~60銭)比22銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、14日の北朝鮮ミサイル発射を嫌気して113円付近に下落した。午前は日経平均株価の下げ幅縮小や五・十日に伴う実需の買いに支えられ、113円40銭台に上伸。午後は動意に乏しく、おおむね113円30~40銭で推移している。
 ドル円は押し目買いで下値が堅い一方、積極的に買い戻す動きもみられず、「次の材料待ち」(外為仲介業者)の展開となっている。
 ユーロは対円、対ドルともに高値圏で小動き。午後3時現在、1ユーロ=123円91~91銭(前週末午後5時、123円40~40銭)、対ドルでは1.0929~0929ドル(1.0863~0863ドル)。

最終更新:5/15(月) 17:27

時事通信