ここから本文です

山田洋次監督、“女性の家事労働”テーマでさらなる続編も?

5/15(月) 17:23配信

cinemacafe.net

喜劇映画『家族はつらいよ2』の公開直前イベントが5月15日(月)、都内にて開催され、山田洋次監督と出演の橋爪功、林家正蔵ら9名が登壇。劇中に登場する平田家のメンバーが全員集合し、家族に関する悩みに答えるトークショーが行われた。

【写真】妻夫木聡/『家族はつらいよ2』公開直前イベント

同作は、“熟年離婚”をめぐり大騒動を繰り広げる家族の姿を滑稽に、かつ温かく描いた前作(2016年3月公開)の続編。離婚騒動を乗り越えた平田家だが、高齢者の危険運転を心配する家族が周造(橋爪さん)に自動車運転免許を返上させようと画策。しかし、兄妹夫婦で周造を説得する役回りを押し付けあっているうちに、家族の心を見透かした周造が「死ぬまで車の運転を続ける!」と激怒してしまった。

イベントには、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋次監督が出席。劇中では、両親夫婦を橋爪さんと吉行さんが、長男夫婦を西村さんと夏川さんが、長女夫婦を中嶋さんと正蔵さんが、次男夫婦を妻夫木さんと蒼井さんが演じる。

平田家のメンバーがステージに登壇し、トークショーが開始。3世代が同居する家庭での食事が話題にあがると、正蔵さんは「うちは3世代なのですよ。戦争に近いですよ」と実感を込めて語った。正蔵さんの母親は御年83歳だそうで、正蔵さんは「嫁の作ったものに母が『この間の方が上手かったわね』と言うと、シッとなって、それはもう、生きた心地がしません」としみじみ。さらに、「母にだけ気を使って、母のためを思ってカレイの煮つけなどを作るのですが、それには手をつけないときがあるのです。みんなと一緒に豚の生姜焼きなどを食べているときがあるのです。嫁の思いがそこで潰れてしまうことがあり、殺伐とした状況に陥ることがあって」とエピソードを交えて家庭の様子を明かした。ついでに山田監督に「今度、実写版で蛯名家の食卓を…」と自身の家庭をテーマにした映画制作を提案し、笑いを誘う一幕もあった。

そんな正蔵さんだが、MCが「“熟年離婚”を乗り越えた周造さん(橋爪さん)に聞いてみたいと思います」と言うべきところ、「周造」を「正蔵」と言い間違えてしまったのを耳にして、「いま、『正蔵さん』って言った? 『“熟年離婚”を乗り越えた正蔵さん』って! ドキッとしましたよ!」と冷や汗。山田監督が「そろそろ、危ないですか?」と話に乗っかり、一連のやり取りが会場に大きな笑いを巻き起こした。イベントの感想を尋ねられた蒼井さんは、「正蔵さんがお家で大変なのだなということが一番よく(笑) 女性の意見が聞けるはずだったのですが、わりと正蔵さんの印象が強かったです(笑)」と声を弾ませた。

イベントでは、夫たちが食事の片づけをしないことをはじめ女性たちの様々な悩みが紹介された。山田監督は、家族というテーマは「作り手にしてみれば話題の宝庫みたいか感じがします」といい、「女性の家事労働がまったく評価されないということについてはね、女性問題を語るうえで大きな問題ではないかな。この映画の続編をもし作るとしたら、大きな問題になっている気がしますよ」と続編制作にも言及した。

『家族はつらいよ2』は、5月27日(土)より全国にて公開。

最終更新:5/15(月) 17:25
cinemacafe.net