ここから本文です

世界一奪還へ! トヨタジュニアW杯日本選手団が会見

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 5/15(月) 20:21配信

世界のジュニアゴルファーが頂点を争う「2017トヨタジュニアゴルフワールドカップSupported by JAL」は6月13日(火)から16日(金)まで、愛知県豊田市の中京ゴルフ倶楽部 石野コースで開催される。開幕を約1カ月後に控え、日本選手団が15日(月)、都内で記者会見を行い、男女ともにタイトル奪還を意気込んだ。

トヨタジュニアワールドカップのフォトギャラリー

大会は18歳以下(大学生を除く)の国別対抗戦で、今年で25回目を迎える。昨年大会は米国チームが男女アベックVを達成。今年は、世界6大陸の65を超える国と地域から、予選を勝ち抜いた代表チーム(男子15チーム、女子9チーム)が出場する。

日本チームの橋田源太郎監督は「昨年は不甲斐ない成績だった。連覇の難しさを感じた」と、2年連続の“男女アベックV”(※2015年大会の女子はエキシビジョン開催)に届かなかった昨年大会を反省。今季のチームについて「男子は団体戦の戦い方を知っている4人が揃った。女子も全員ナショナルチームのメンバーで実力は十分。毎日アンダーパーを出せば、活路が見出せる」と意気込みを語った。

今年の日本選手団は、7人中6人が初出場とフレッシュな顔ぶれだ。男子は、三田真弘(代々木高等学校1年)、植木祥多(埼玉栄高等学校3年)、米澤蓮(盛岡中央高等学校3年)、関藤侑嗣(広島国際学院高等学校3年)の4人。女子は、西村優菜(大阪商業大学高等学校2年)、佐渡山理莉(沖縄県立名護高等学校2年)、古江彩佳(滝川第二高等学校2年)の3人で挑む。

昨年に続き2度目の出場となる佐渡山は、決意の色紙に「貫」と書き、「自分の考え、リズムを貫き、個人と団体で優勝したい」と、活躍を誓った。

1992年に始まった大会は、過去に世界のトッププレーヤーが出場してきた。前週行われた国内男子メジャー「日本プロ日清カップ」で2週連続優勝を遂げた宮里優作、日本人選手として初めて世界ランク3位に上がったばかりの松山英樹、2016年マスターズ王者のダニー・ウィレット(英国)、リオ五輪の金メダリストのジャスティン・ローズ(英国)など、第一線で活躍するプロの名前がずらりと並ぶ。

記者会見では、過去の出場選手を代表する形で、池田勇太、谷原秀人の両プロからのビデオメッセージが流された。池田は「僕が果たせなかった団体優勝を、チーム一丸となって目指してほしい」。谷原も「はじめての世界大会でドキドキしたのを覚えている。海外の選手たちの交流はどんな道に進んでも役に立つ。大会を楽しんでほしい」とエールを送った。

大会は6月11日(日)に親善ゴルフやドライビングコンテスト、12日(月)に開会式を実施。13日から16日まで4日間の競技を行う。

最終更新:5/15(月) 20:58

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)