ここから本文です

【英国】メイ首相の交渉手腕に期待大 ブレグジットめぐる世論調査

NNA 5/15(月) 11:45配信

 英国内で欧州連合(EU)離脱交渉におけるメイ首相の手腕への期待が高まっている――。こうした傾向が、調査会社ORBインターナショナルが12日公表した最新の調査で明らかになった。
 ORBは5月5~7日に18歳以上の英国在住者2,000人を対象に調査を実施。この結果、メイ首相がブレグジット交渉で英国に有益となる結果を引き出すことができるとの回答が全体の44%に達し、先月に実施された前回調査の41%から上昇した。反対にメイ首相がブレグジット交渉に失敗するとみている人は全体の34%と、前回から1ポイント低下した。また、ブレグジット後に英国人の生活が向上するとの回答は43%となり、こちらも前回の41%から上昇している。
 ブレグジット後に、移民に対する統制力が向上するとの回答は全体の64%に達した。単一市場への残留よりも、移民規制の強化が重要とみている人は43%に上っている。
 一方、調査会社レッドCがEU加盟9カ国の成人約9,000人を対象に行った調査では、ブレグジット交渉の主要課題に「英国と新たな経済関係の構築」を挙げた人は全体の22%にとどまった。残り78%は、将来的なEUの存続を最重要視している。[EU規制]

最終更新:5/15(月) 11:45

NNA