ここから本文です

女子レスの川井、土性らが帰国 アジア大会で圧倒的な強さ

5/15(月) 14:24配信

東スポWeb

 レスリングのアジア選手権(インド)を終えた女子日本代表が15日、成田空港に帰国した。

 14日まで行われた大会では、リオデジャネイロ五輪金メダルの川井梨紗子(22=ジャパンビバレッジ)、土性沙羅(22=東新住建)らが5階級で優勝。圧倒的な強さを見せた。

 60キロ級に出場し、3試合でテクニカルフォール勝ちを収めた川井は「内容も結果もやりたいことができて、いい大会だった。周りから研究されていたが、やりきれたので大丈夫」と満足した表情。69キロ級の土性は「優勝できて良かったが、内容はまだまだ。課題が見つかったので良かった」と収穫を口にした。

最終更新:5/15(月) 15:09
東スポWeb