ここから本文です

雪解け、激流に歓声 利根川でラフティングシーズン到来

朝日新聞デジタル 5/15(月) 10:11配信

 群馬県みなかみ町で、新緑の季節を迎えた利根川を全長約4メートルのゴムボートで下る「ラフティング」がシーズンを迎えている。

 12日の水温は約9度。参加者たちは谷川岳の景色を楽しみながら全身に水しぶきを浴びていた。力を合わせてパドルをこぎ、約25キロ下流のゴール地点へ到着すると、歓声が上がった。

 同町でツアーを企画しているマックスによると、今年は例年より雪解けの水量が多いため、利根川の水位がやや上がっているという。

 静岡県磐田市から参加した加藤篤さん(37)は「ゴムボートがあまりにも速く進みすぎて、なかなか景色を楽しむ余裕がありませんでした」と笑顔で話した。11月上旬の紅葉のシーズンまで楽しめる。(山本裕之)

朝日新聞社

最終更新:5/15(月) 10:11

朝日新聞デジタル