ここから本文です

覚醒版“お盆芸”披露のアキラ100%、海外進出に意欲大!?

映画.com 5/15(月) 15:00配信

 [映画.com ニュース]「M:i:III」の製作陣が手がけた海外ドラマ「リミットレス」のDVD発売記念イベントが5月15日、都内で行われ、お笑いタレントのアキラ100%が登壇。“覚醒”がキーとなる作品の内容にちなみ、ルービックキューブやバッティングマシーンを利用した“脳活性化チャレンジ”に挑戦した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 同作は、ブラッドリー・クーパーが主演した映画「リミットレス」(2011)をドラマ化した作品。独身のダメ男であるブライアン(ジェイク・マクドーマン)がNTZ-48という奇跡の薬で脳を活性化。複数言語を数時間でマスターし、一度でも見聞きしたことを正確に思い出すという超人的能力をFBIに買われ、数々の難事件を解決するさまを描く。クーパーは製作総指揮を務め、映画版と同じ役どころで出演もしている。「展開がスピーディで食い入るように見てしまった」というアキラ100%は、覚醒したブライアンの能力について「パッと見て動きを覚えられる能力は、ネタづくりにも活用できそうです」と感想を述べていた。

 アキラ100%が記憶を活性化するために挑んだのは、ルービックキューブを30秒で完成させるチャレンジ。だが、股間をお盆で隠しながら挑戦したため「お盆に気持ちをとられてしまった」と完成ならず。次にバッティングマシーンから放たれる球をお盆で打ち返すことに。「小学校、中学校は野球、大学はテニスをやっていた」と明かしたアキラ100%は、打ち返し専用のお盆にチェンジし、俊敏な動きで次々と放たれる球を打ち返していた。

 さらに鉄板ネタ「丸腰刑事」を1.2倍速のスピードで披露。股間を完璧に隠しながらネタをやり終えたアキラ100%は「(事件を)あっという間に解決できましたね」と語りつつ、局部の映り込みを気にして「撮っていただいた素材、しっかりチェックしてくださいね」と集まった報道陣に訴えかけ、笑いを誘っていた。

 イベント後の囲み取材では「世界進出は?」と問われると「もちろんチャンスがあれば行ってみたい。きちんと英語を覚えないといけませんけど」と回答。さらに「まずはハリウッドに行きましょう。その次はカンヌ、そしてベルリン。(お盆芸で)映画祭を制覇しましょう」と冗談を交えつつ、今後の展望を語っていた。

 「リミットレス」は、DVD‐BOX Part1が5月17日、DVD‐BOX Part2が6月7日発売(単品レンタルも同時)。

最終更新:5/15(月) 15:00

映画.com