ここから本文です

『ターミネーター2 3D』が8月11日より日本公開

CDジャーナル 5/15(月) 19:11配信

 アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作にして、ジェームズ・キャメロン監督の出世作として知られる映画『ターミネーター2』(1991年)を最先端の技術で3D化した映画「ターミネーター2 3D」が、8月11日(金・祝)から世界最速で東京・有楽町 TOHOシネマズ 日劇ほかにてロードショー。封切に先駆け、ポスター・ヴィジュアルが公開されています。

 「ターミネーター2 3D」は、キャメロン監督が設立した映画製作会社「ライトストーム・エンタテインメント」と、「DMGエンタテインメント」「スタジオカナル」によるプロジェクトとして製作されたもの。『タイタニック』の3Dや『アバター』の続編にも携わったライトストームのチームによる高度な技術で、26年前の傑作が生まれ変わります。

 キャメロン監督は「『タイタニック』の3D化のプロジェクトの時から、次に3D化すべき作品は『ターミネーター2』だと思っていた。四半世紀も前の映画だが、人々の記憶に残る、とても象徴的な作品だと思ったからだ」とプロジェクトの経緯についてコメント。さらに「それに初公開から25年後に劇場のスクリーンで観るのも、おもしろいと思ったんだ。この映画をビデオやブルーレイやDVDでしか知らない世代が大勢いる。だから、劇場で『ターミネーター2』のすべてを体験して欲しい」と述べています。

最終更新:5/15(月) 19:11

CDジャーナル