ここから本文です

柏 5連勝で首位と1差!“若手台頭”21歳・手塚が先制弾

スポニチアネックス 5/15(月) 6:00配信

 ◇明治安田生命J1第11節 柏2―1FC東京(2017年5月14日 味スタ)

 柏の勢いを象徴する手塚が先制弾を決めた。前半33分にゴール正面、約30メートルの位置から「枠に飛ばすことを考えた」と得意の左足を強振。シュートは甘いコースに飛んだが、相手GK林のセーブミスも手伝い、ネットを揺らした。

 加入1年目の21歳。柏の下部組織出身だが、15年にトップ昇格できず、まとまりかけていたJ2クラブとの交渉も契約締結直前で破談となった。急きょニュージーランド1部のセミプロクラブ・オネハンガに入団。リーグ戦終了後の昨年10月から練習生として柏の練習に参加して、今季から契約を勝ち取った。

 チームは5連勝で首位・浦和に勝ち点1差に迫り、J1通算300勝も達成した。先発11人中、7人が下部組織出身。10~15年に柏U―18を指揮した下平監督は「アカデミーからの継続、土台は全てそこにある」と好結果の根底にクラブ戦略があることを強調した。

最終更新:5/15(月) 6:00

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報