ここから本文です

「BASARA」車両、CPに 浜松、「戦国スタンプラリー」

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/15(月) 9:29配信

 浜松市は14日、徳川家康と井伊直虎ゆかりの地を巡る「戦国はままつスタンプラリー 2ndシーズン」をPRするイベントを、同市天竜区の遠州鉄道西鹿島駅で開いた。5月から鉄道車両がチェックポイント(CP)に加わったことなどを紹介した。

 スタンプラリーでは専用のスマートフォンアプリを利用。CPに設定されている場所でアプリを立ち上げるとスタンプを獲得できる。スタンプの個数に応じて人気ゲーム「戦国BASARA(バサラ)」のキャラクターを使ったオリジナルグッズをもらえる。

 CPには静岡県内の名所・旧跡などが設定されている。5月から遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道が運行している「戦国BASARA」ラッピング車両をそれぞれCPに追加。移動するCPは初めてで、誘客につなげたい考えだ。

静岡新聞社

最終更新:5/15(月) 15:32

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS