ここから本文です

サッカー=プレミア、トットナムは勝利で本拠地の最後飾る

ロイター 5/15(月) 11:00配信

[14日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグは14日、各地で試合を行い、2位トットナムはホームでマンチェスター・ユナイテッド(マンU)に2─1と勝利。1899年から118年の歴史を刻んだ本拠地ホワイトハートレーンでの最終戦を白星で彩った。

トットナムは前半開始6分に先制すると、後半開始直後にはエースのハリー・ケインが今季リーグ22得点目をマークしてリードを拡大。マンUの反撃をウェイン・ルーニーの1点に抑え、クラブタイ記録のホーム14連勝で有終の美を飾った。

試合後、ケインは「素晴らしい最後だ。ここでの最終戦、なんとしても勝ちたかった。決勝点を決めたいと言っていたけど、そうなって最高だ」と喜んだ。

トットナムは来季、ウェンブリー競技場でホームゲームを戦い、2018─19シーズンに新スタジアムに戻る。

そのほか、リバプールがウェストハムに4─0、クリスタルパレスがハルに4─0で大勝した。

最終更新:5/15(月) 11:00

ロイター