ここから本文です

ノーザンファーム 上半期G1で絶好調4勝目 アドマイヤリードの妹は札幌デビューか

デイリースポーツ 5/15(月) 6:03配信

 「ヴィクトリアマイル・G1」(14日、東京)

 期待の素質馬が大舞台ではじけた。メンバー中最軽量(422キロ=歴代覇者でも最軽量)の6番人気アドマイヤリードが直線で鋭い瞬発力を発揮。1分33秒9のタイムで重賞初Vをビッグタイトルで決めた。

 ノーザンファームは先週のNHKマイルC(アエロリット)に続き今年G1・4勝目。ヴィクトリアマイルは14年ヴィルシーナ以来の通算5勝目となった。育成時代に厩舎長として携わった日下和博さん(45)は「シンハライトやヴィブロスの中に入っても動きは目立っていましたが、気性的に成長がついてこなかった。昨年から実が入りましたね」とうれしそう。

 半妹にはハービンジャー産駒のカレンシリエージョ(牝2歳、栗東・鈴木孝)がおり、札幌デビューを目指している。

最終更新:5/15(月) 7:05

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ