ここから本文です

「VLC media player」v2.2.5.1が公開 ~不具合の修正とセキュリティの向上

Impress Watch 5/15(月) 9:01配信

 仏VideoLAN Projectは12日(現地時間)、メディアプレイヤー「VLC media player」の最新版v2.2.5.1を公開した。現在、本ソフトの公式サイトから無償でダウンロードできる。Windows版は窓の杜ライブラリからもダウンロード可能。

 「VLC media player」は、追加のコーデック不要でさまざまなフォーマットが再生できるオープンソースのマルチメディアプレイヤー。Windows/Macなどをサポートするクロスプラットフォームアプリケーションで、各種LinuxディストリビューションやBSD系のOS、Android、iOSなどがサポートされている。

 本バージョンは、「VLC media player」v2.2.0(コードネーム:Weatherwax)系列の5番目となる安定リリース。v2.2.4で報告されたいくつかの不具合が修正された。特にAMD製グラフィックスカードを利用しているWindows環境でビデオ再生時に緑色の線が表示される問題や、64bit版WindowsおよびMac環境でMP3ファイルを再生する際に歪みが生じる問題が修正されているので、これらの問題に悩まされている場合はアップデートした方がよいだろう。

 そのほかにも、デマルチプレクサやデコーダでさまざまなセキュリティ改善が行われた。また、DLLハイジャックの対策強化も図られているという。

ソフトウェア情報「VLC media player」Windows版【著作権者】VideoLAN Team【対応OS】Windows XPからWindows 10まで【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】2.2.5.1(17/05/12)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/15(月) 9:01

Impress Watch