ここから本文です

ガリクソンと同席グラドル 吉本を怒らせたいい加減?ツイート

東スポWeb 5/15(月) 16:45配信

お笑い芸人・ガリガリガリクソン(本名・坂本祐介=31)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された事件の影響が各方面に広がっている。

 飲酒運転をしたとして12日に大阪府警南署に逮捕されたガリクソンは13日午後に釈放され、南署の前で「申し訳ありませんでした」などと頭を下げた。

 翌14日午前には、吉本興業の先輩である「ダウンタウン」松本人志(53)が、レギュラー出演するフジテレビ系「ワイドナショー」の中で「芸人として、同じ事務所(吉本興業)の人として、こういうの本当に邪魔やわ」とバッサリ。東野幸治(49)も「面白いし、だから余計にむかつくし。なんでやねんお前、っていう」と怒りを隠さなかった。

 また事件当日にガリクソンと酒席をともにしていたグラドル・門楼まりりん(25)は「報道見て驚いたんだけど、5、6杯はさすがに無理あるんじゃないかな? ほとんどロックに近いハイボールを40杯は軽く余裕で超えてたかと…」などとツイートした結果、活動自粛に追い込まれた。お笑い関係者は「門楼はツイッターなどの炎上が“大好物”で、所属事務所から何度注意されても、ネット上でトラブルを起こしていた。今回は“売名”と言われてもおかしくない投稿もあり批判が殺到。吉本からも抗議があったようで、事務所は活動自粛という判断をせざるを得なかった」と明かす。

 また別の関係者は「さすがに『ロックに近いハイボールを40杯』は飲めないでしょ? もし飲んだら酩酊どころか、死んでもおかしくない。このいい加減なツイートに、吉本も激怒したようだ」と指摘した。

 ガリクソンと同席していた門楼にも社会全体から厳しい目が向けられるのは当然のこと。にもかかわらずツイッターで大はしゃぎした門楼が、活動自粛となるのも自業自得と言われても仕方がないだろう。

最終更新:5/15(月) 17:35

東スポWeb