ここから本文です

鹿島 負傷者続出で首位陥落…序盤の2失点響き4敗目

スポニチアネックス 5/15(月) 6:00配信

 ◇明治安田生命J1第11節 鹿島1―2神戸(2017年5月14日 カシマ)

 鹿島は序盤の2失点が響いて今季リーグ戦4敗目(全てホーム)。首位から陥落した。

 連戦の疲労からか、ケガ人も続出。DF植田が右太腿裏の張りで欠場。前半35分にはMF遠藤が左太腿裏の肉離れで交代し、後半17分にはMFレオ・シルバも負傷交代。半月板か外側じん帯を痛め、松葉づえ姿で会場を後にしており、長期離脱の可能性もある。植田に代わって先発でJ1デビューした19歳のDF町田は2失点目に絡み、後半34分にはシュートを放つもクロスバーに直撃。「最後の局面で決めきれなかった」と唇をかんだ。

最終更新:5/15(月) 6:00

スポニチアネックス