ここから本文です

ランサムウェア攻撃、韓国では5件が報告

5/15(月) 10:37配信

WoW!Korea

マルウェアによってコンピュータへのアクセスを制限され、解除の条件として大金が要求されるランサムウェア(Ransom.Wannacry)被害が世界で大規模発生した中、韓国での被害事例は15日午前8時30分の時点で、計5件と集計されている。

 韓国インターネット振興院(KISA)によると、この日現在までに国内企業を通して確認されたランサムウェア関連の問合せは8件あり、このうちランサムウェアと推定される申告は計5件。これら企業は、KISAの技術支援を受けて、現在復旧中だ。

 韓国政府は去る14日午後6時より国家サイバー危機警報レベルを「関心」から「注意」に引き上げ、非常事態として人力を投入した状態だ。

最終更新:5/15(月) 10:37
WoW!Korea