ここから本文です

ミランのモンテッラ、来季続投を明言「クラブやサポーターと良好な関係を築いている」

GOAL 5/15(月) 18:44配信

13日に行われたセリエA第36節アタランタ戦で1-1の引き分けに終わったミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が試合終了後、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、来シーズンも続投すると明かしている。

「来シーズンも私が監督を務めることになる。伝統あるクラブを指揮できて光栄だし、誇りに思う。私の方から問題は一切ない。クラブやサポーターとも良好な関係を築けているし、選手たちも私についてきてくれている。来シーズンに向けてクラブとともに計画を立てている。中国で試合を2、3ほど開催する予定で、合宿は7月4日に始まる。だがチームは今に集中しなければならない」

ここ1カ月ほど勝利から見放されているものの、ミラン指揮官の手腕については、元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノが「家出人が集まったようなクラブを指揮して6位、それに(イタリア)スーパーカップを獲った」として、皮肉を交えながらも指揮官の手腕を高く評価している。モンテッラはカッサーノの率直な意見について、「昔から言っていることはいつも正しい。冗談は別として、ブレーキが利かないので、思ったことはフィルターをかけずにしゃべってしまうんだ。でも大抵言っていることは正しい」と述べ、苦言を呈しながらもほぼ同意している。

また、昨年10月6日に行われたイタリア代表のスペイン戦で左ひざを負傷し、長期離脱を余儀なくされていた主将のMFリッカルド・モントリーヴォが公式戦に復帰した。モンテッラはモントリーヴォについて「素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。さすがミランの主将だ。豊かな経験を生かしてチームメートを引っ張ってくれた」と称えている。

GOAL

最終更新:5/15(月) 18:44

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合