ここから本文です

「自転車運転者講習制度」高校生に実施 静岡県内初

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/15(月) 17:00配信

 静岡県警は15日、自転車で危険な法令違反をした人を登録し、違反登録が2回になった場合に講習を課す「自転車運転者講習制度」に基づき、高校2年の少年(16)=浜松市北区=に講習を実施したと発表した。県警によると、同講習の実施は県内で初めて。

 県警交通企画課によると、高校生は交通事故を起こし、前方不注意などの安全運転義務違反で2回、登録された。講習は13日に西部運転免許センター(浜松市浜北区)で「交通ルールチェック」「危険行為学習」「事故時の責任」などをテーマに3時間実施した。5700円の受講手数料を徴収した。

 講習制度は改正道交法に基づき2015年6月にスタートした。県内で1回目の違反登録をされた人は4月末現在、1062人(速報値)で、10代が約半数を占めている。

静岡新聞社

最終更新:5/16(火) 0:06

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS