ここから本文です

日向のホテル「メリッサ日向」で屋上ビアガーデン営業開始 10年目迎える /宮崎

みんなの経済新聞ネットワーク 5/15(月) 12:00配信

 日向市駅前のホテル「メリッサ日向」(日向市上町)の屋上ビアガーデンが5月8日、今季の営業をスタートした。(日向経済新聞)

地元の銘柄豚「ひょっとこポーク」の男気ステーキも

 ホテルオープンの翌年から始まった同ビアガーデンは、今年で10年目。新メニューとして通常サイズのジョッキの2倍近くビールが入る「男気ジョッキ」(890円)やシードルなどの「ノンアルコールワイン」各種(ボトル1860円~)を提供する。

 フードの新メニューは、地元のブランド豚「ひょっとこポーク」を使った「プレミアムスペアリブ」(550円)、「男気ステーキ」(850円)など。元寿司職人の調理長が腕をふるっているため、鮮魚のメニューも豊富で「握りずし(おまかせ5貫)」(650円)などのほか、日によっては季節限定の「生めひかりの肝つき握りずし」(650円)の提供もある。

 同店の取締役マネージャー・立山文子さんは「オープンから毎年初日に来てくれるお客さまもいて、みなさんに支えられていることを実感する。その日だけのおすすめメニューも用意し、地産地消と手作りをモットーにおいしい料理を提供したい。お酒が好きな方はもとより飲めない方にも楽しんでもらえる店でありたい」と笑顔を見せる。

 夏には食いしん坊のスタッフが集まり、一押しの「お取り寄せ」をプレゼンテーションし、店のメニューにするという企画も進行中という。

 営業時間は17時30分~22時。9月中旬まで営業予定。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/15(月) 12:00

みんなの経済新聞ネットワーク