ここから本文です

試掘申請を見送りへ 地熱発電計画で南伊豆新町長

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/15(月) 17:15配信

 南伊豆町の地熱発電開発計画を巡り、岡部克仁町長は15日、7月に予定していた静岡県環境審議会への試掘申請を見送る方針を明らかにした。町は県内初の本格的な地熱発電所の開設を目指してきたが、町長交代に伴い、白紙撤回を含めて事業を再検討する。

 岡部町長は同日の就任式後、取材に応じ、「推進には住民の理解が必要。地元とよく話し合い、本当に町のためになるのかを確認したい」と述べた。町は2017年度中に下賀茂地区で熱水や蒸気の量、地下構造などを調べる試掘に着手する計画だった。

 資源エネルギー庁によると、地熱発電に取り組む国内40カ所の地域で温泉への直接的な影響は確認されていない。だが、南伊豆町では温泉への影響などを懸念する宿泊施設や観光業者の声が根強く、合意形成は難しいとみられる。

 町は農業や漁業などの産業利用を含め、14年度から地熱発電の調査・研究に取り組んでいる。

静岡新聞社

最終更新:5/15(月) 17:15

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS