ここから本文です

<衣替え>さわやか半袖ワンピース 神戸の松蔭中・高校

毎日新聞 5/15(月) 10:34配信

 神戸市灘区の私立松蔭(しょういん)中・高校(浅井宣光校長、782人)で15日、一足早く夏服への衣替えがあった。さわやかな日差しの下、生徒たちは涼しげな半袖の白色ワンピースで登校した。

【写真特集】さわやかな半袖ワンピースでの登校を別カットで

 衣替えは6月1日の学校が多いが、同校は春や秋に着る合服(あいふく)がないなどの理由で、20年前から5月下旬に衣替えをしている。今週は高温になる見込みのため、予定より1週間前倒しした。

 神戸地方気象台によると、神戸市の午前8時の気温は平年よりやや高めの20・6度。生徒たちは羽織っていたカーディガンを脱いだり、手で顔をあおいだりしながら坂道を登って登校した。初めて夏服を着た中学1年の谷岡彩(いろは)さん(12)は「憧れの制服だった。さわやかな気分」と話していた。【黒川優】

最終更新:5/15(月) 15:13

毎日新聞