ここから本文です

中国鉱工業生産、4月は予想以上の減速 1─4月固定資産投資も低調

ロイター 5/15(月) 12:05配信

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した4月の鉱工業生産は前年比6.5%の伸びとなり前月から減速した。また1─4月の固定資産投資は前年比8.9%増となった。いずれも市場予想を下回った。

ロイターがまとめたアナリスト予想では、鉱工業生産の伸びは前年比7.1%、3月は7.6%だった。

1─4月の固定資産投資は9.1%の増加が見込まれていた。

4月の小売売上高は前年比10.7%増とこちらは市場予想の10.6%増を上回ったが3月の10.9%から減速した。

1─4月の民間投資は6.9%増と1─3月の7.7%増から鈍化し、中小企業の資金調達が依然として困難なことを示す形となった。

中国当局は2017年の固定資産投資の伸びを9%前後、小売り売上高は10%程度を目標としている。

中国国家統計局は、4月の中国経済について、より多くの明るい要因が見られた、とする一方、構造問題はなお残るとの認識を示した。

報道官は会見で、中国経済は妥当なレンジ内で成長している、と指摘。1─4月は都市部で465万の新規雇用が創出されたと述べた。

*内容を追加します。

最終更新:5/15(月) 20:58

ロイター