ここから本文です

パーソンズ、RELOAD企画第2弾『The Show Must Go On』のリリースが決定

BARKS 5/15(月) 15:43配信

2016年から、過去の作品を最新の状態に更新する“RELOAD”企画をスタートさせたPERSONZの第2弾アイテム『The Show Must Go On』のリリースが決定した。

1993年にリリースされたこのアルバムは、ギタリスト本田毅脱退後にJILL、渡邉貢、藤田勉の3人で制作された。打ち込みやシンセを多用したオリジナル作品にくらべ、本田のギターが入ることで本来のPERSONZサウンドが蘇る仕上がりになっている。

そして6/4(日)は中野サンプラザにおいて3rdアルバム「NO MORE TEARS」をRELOADすることを発表した。

「1993年、本田毅不在の中、その大きすぎる穴を埋め、更には新しく目指すべきサウンドを模索していたあの頃。残された3人にとってそれは未知なる挑戦でありました。あれから20余年の時を経て、オリジナルメンバー4人の手であの時の想いを<RELOAD>しました。「いつの日かきっと」…明日の向こう、は此処に在る。」

リリース情報
『The Show Must Go On』
一般発売日:2017年5月25日(木)
価格:5.300円(税込)
品番:ZOE-025
形態:12inch アナログレコード 2枚組
付属品:CD、ダウンロードカード
・MP3音源のストリーミング・ダウンロード
・収録曲
<side-A>
1. Overture
2. My Desire
3. Sleeping Beauty
<side-B>
1. New Sensation
2. Two Hearts
3. Future Star
<side-C>
1. What Is Love
2. Lost In Sunset
3. Miracle
<side-D>
1. 恋せよ乙女
2. いつの日かきっと
3. The Show Must Go On

ライブ・イベント情報
<NO MORE TEARS RELOAD>
2017年6月4日(日)【東京】中野サンプラザ
【時間】開場:16:30/開演:17:00
【席種】全席指定
【料金】6,500 円(税込)
【お問い合わせ】キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999

最終更新:5/15(月) 15:43

BARKS