ここから本文です

広島に逆転負けの巨人 由伸監督「我々に問題あるかも」

5/15(月) 16:45配信

東スポWeb

 巨人が14日の広島戦(マツダ)に1―8で逆転負け。直接対決で連敗し、2位広島とのゲーム差は3に広がった。

 巨人は初回にマギーの左前タイムリーで1点を先制したが、3回一死二塁の場面で二塁・中井が菊池のゴロをファンブル。慌てて本塁に送球したが、クロスプレーとなった判定は「セーフ」で、リプレー検証でも覆らず、同点に追いつかれた。中井は初回にも失策こそつかなかったが、遊ゴロ併殺で一塁に悪送球していた。

 先発の田口は6回に鈴木に2ランを浴びると、2番手の宮国は2失点。5番手の乾は8回一死走者なしから連続安打で一、二塁とされると暴投で二、三塁とピンチを拡大。さらに、まさかの連続暴投で一気に2者生還を許し、試合をぶち壊した。

 これで広島には4連敗となり、今季は通算1勝7敗とされた巨人・由伸監督は試合後、怒りを通り越してあきれモード。広島との対戦成績の悪さについては「言われなくても分かってますけど、ちょっと考えます」とし、拙守に加えて2三振に終わった中井については「(攻守で)どっちも頑張らなくちゃいけない。レギュラーという選手でもないわけですし」とバッサリ斬った。

 崩壊した中継ぎ陣に対しては「誰を使う、どこで行かせるかを選択している我々に問題があるかもしれない」としつつ「攻撃の残りが少ないところで点差が少なければチャンスはあるが…」と表情を曇らせた。
 村田真ヘッドコーチは「絶対に勝たなアカン試合で情けない試合をした。先発が降りた後の後半の投手はケチョンケチョン。負け方というものもある。チーム力を上げていかないといけない。腹立たしい試合。巨人ファンに申し訳ない」と帰りのバスに乗り込んだ。

 広島とは26日からの本拠地3連戦で再び相まみえるが「お返し」はできるのだろうか。

最終更新:5/15(月) 16:45
東スポWeb