ここから本文です

まねきケチャ、エレガントな新衣装で飾った「まねかれジャパン」ツアーファイナル

音楽ナタリー 5/15(月) 12:22配信

まねきケチャが5月13日に東京・赤坂BLITZにてワンマンライブ「まねきケチャ全国ツアー2017 まねかれジャパンー東京・FINALー」を行った。

【写真】まねきケチャ「まねきケチャ全国ツアー2017 まねかれジャパンー東京・FINALー」東京・赤坂BLITZ公演の様子。(他29枚)

3月にスタートした全8公演の全国ツアー「まねきケチャ全国ツアー2017 『まねかれジャパン』」のファイナル公演として行われた今回のワンマンライブ。休養中の藤咲真有香を除くメンバー4人はエレガントな新衣装に身を包み、新曲を含むバラエティ豊かなセットリストで会場に集まったファンを楽しませた。

「ツアーファイナル赤坂BLITZ行くぞ!」という言葉と共に「冗談じゃないね」から勢いよくライブをスタートさせたまねきケチャは、続けてタオルを振り回す「SPLASH」や「僕が僕を」を披露。フロアの熱気を一気に高めていく。序盤のMCでは5月12日に22歳の誕生日を迎えた中川美優をほかのメンバーとファンがお祝いし、会場に「ハッピーバースデートゥーユー」が響きわたった。

さらに新衣装の話題などに触れた4人はライブの人気曲「きみわずらい」を届けたあと、新曲「奇跡」を初披露。観客はメンバー指導による合いの手を叫び、会場に一体感が生まれた。ライブ中盤には今回のツアーで毎公演上映されているメンバー出演の短編映画の最終話がスクリーンに映し出され、フジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」に出演した藤川千愛は「表現をすることがすごく好きなので『タイヨウのうた』みたいな歌う主人公の映画に出てみたい」と女優業の夢を語った。

その後メンバーは松下玲緒菜が表紙と巻頭グラビアを飾った「週刊プレイボーイ」の付録CDに収録されている「青息吐息」などを歌唱したのち、8月13日に東京・TSUTAYA O-EASTでグループの結成2周年記念ライブを行うことを発表。ファンを喜ばせた彼女たちは、6月28日にユニバーサルミュージックよりリリースするメジャーデビューシングルの収録曲「どうでもいいや」「ありきたりな言葉で」を熱演した。

ツアーの感想を語る挨拶では、宮内凛が「1つ1つの公演でその地域のよさが出ていた気がします。今度は世界ツアーをしたいです!」と話し、藤川は「今年の目標は音楽番組に出ることなので、皆さん応援よろしくお願いします!」とファンに呼びかけた。そして4人は「告白のすすめ」でライブ本編を締めくくり、アンコールではセリフパートから始まる「モンスターとケチャ」を力強くパフォーマンスした。

まねきケチャ「まねきケチャ全国ツアー2017 まねかれジャパンー東京・FINALー」2017年5月13日 赤坂BLITZ セットリスト
01. 冗談じゃないね
02. SPLASH
03. 僕が僕を
04. 妄想桜
05. 妄想日記
06. きみわずらい
07. 奇跡
08. キミが笑えば
09. タイムマシン
10. 青息吐息
11. SEVENTH HEAVEN
12. 一刀両断
13. どうでもいいや
14. ありきたりな言葉で
15. 愛言葉
16. 告白のすすめ
<アンコール>
17. モンスターとケチャ

まねきケチャ 2周年記念ライブ
2017年8月13日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST
※記事初出時、メンバーの名前に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:5/15(月) 17:01

音楽ナタリー