ここから本文です

原油先物が1.6%高、サウジとロシアが18年3月までの減産延長で合意

ロイター 5/15(月) 12:36配信

[シンガポール 15日 ロイター] - 15日アジア時間の原油先物価格は大幅高。サウジアラビアのファリハ・エネルギー相とロシアのノバク・エネルギー相が共同声明で、協調減産を2018年3月まで延長する必要があるとの見解で一致したと発表したことを材料視している。

0255GMT(日本時間午前11時55分)時点で、北海ブレント先物は<LCOc1>は1バレル=51.63ドルと前営業日終値比1.6%高。WTI原油先物<CLc1>も同1.6%高の48.61ドル。

最終更新:5/15(月) 12:36

ロイター