ここから本文です

文大統領 セウォル号犠牲の臨時教員の殉職認定を指示

5/15(月) 12:24配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、2014年4月の旅客船セウォル号の沈没事故で犠牲となった臨時任用の教員2人の殉職を認める手続きを進めるよう指示した。

 青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は「惨事から3年が過ぎたが、キム・チョウォン、イ・ジヘの両教師の殉職が認定されていない。殉職を認定することで国として礼遇する」と説明した。

 セウォル号沈没事故では修学旅行中だった高校生と引率教員を含む295人が死亡、9人が行方不明のままとなっている。セウォル号は今年3月下旬に引き揚げられ、船内の捜索作業が進められている。

最終更新:5/15(月) 12:26
聯合ニュース