ここから本文です

乗鞍スカイラインが開通 登山バス、山並み縫う 岐阜

朝日新聞デジタル 5/15(月) 13:00配信

 北アルプス・乗鞍岳(3026メートル)の山岳道路、乗鞍スカイライン(岐阜県高山市、14・4キロ)が15日、冬の閉鎖期間を終えて開通し、本格的な観光シーズンが幕を開けた。

 中部山岳国立公園内を走り、自然保護のためマイカー乗り入れが規制されているが、乗鞍岳の山頂に近い標高2702メートルにある畳平までバスやタクシーで行ける。ふもとからの登山バスは、残雪や霧の中、高いところで8メートル近い雪の壁が残る山並みを縫うようにゆっくりと畳平を目指した。(永持裕紀)

朝日新聞社

最終更新:5/15(月) 13:00

朝日新聞デジタル