ここから本文です

母さん、俺やったよ!広島・誠也、V弾で本拠地7連勝導いた

サンケイスポーツ 5/15(月) 7:00配信

 (セ・リーグ、広島8-1巨人、8回戦、広島7勝1敗、14日、マツダ)広島は14日、巨人8回戦(マツダ)に8-1で勝ち、連勝で3カードぶりに勝ち越した。鈴木誠也外野手(22)が、2試合連続の決勝打となる8号2ランを放ち、チームを本拠地での7連勝、巨人戦4連勝に導いた。

 「最高で~す!」

 今季初めてのお立ち台で絶叫した。1-1の六回一死二塁で、田口の低めスライダーを振り抜いた。左翼2階席へ飛び込むアーチで4番の仕事を果たし、大歓声を浴びながらダイヤモンドをまわった。

 今季ここまで3勝無敗と好調の巨人・田口だったが、鈴木にとっては“お得意さま”だ。対戦成績は昨季が打率・444、1本塁打で、一昨年も打率・429、1本塁打。2014年のU-21W杯で同僚だった後輩撃ちを果たし「真っすぐが速くなっていました。でも、打ててよかったです」と胸を張った。

 ♪ママ 生んでくれて感謝してるよ いつもありがとう…。

 「母の日」の試合。登場曲をR&B歌手、AIが歌う「ママヘ」に変更した。「本当に育ててくれてありがとうと伝えたいです。東京にいるお母さん、俺やったよ!!」。実家でテレビ観戦していた母・貴美江さん(52)に、お立ち台から感謝を伝えた。

 「仕事をしてくれた。落ち着いて打席に入っている」と緒方監督も“孝行息子”の成長に目を細めた。30打点でリーグトップに躍り出た主砲が、虎追撃の中心にいる。

最終更新:5/15(月) 8:39

サンケイスポーツ