ここから本文です

ミサイル高度の情報共有=日韓

時事通信 5/15(月) 11:42配信

 【ソウル時事】韓国国防省報道官は15日の記者会見で、北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルの高度について、日本政府と「情報を共有した」と明らかにした。

 昨年11月に締結した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づき、実務者レベルで行ったとみられる。

 一方、ミサイルが約2000キロまで上昇した場合、韓国がその高度を確認する手段があるか問われると、報道官は「それに関しては答えない」と回答を避けた。 

最終更新:5/15(月) 11:48

時事通信