ここから本文です

<北アルプス>雲上にも春 乗鞍スカイラインで「山開き祭」

毎日新聞 5/15(月) 12:31配信

 岐阜・長野両県をまたぐ北アルプス乗鞍岳(3026メートル)の山岳観光道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市、14.4キロ)が15日、開通した。積雪のため昨年11月から閉鎖されていた。

 15日は乗鞍岳の山開きがあり、開通を待ち望んだ登山者や観光客らが早朝からシャトルバスに乗り込み、ふもとの平湯峠を出発した。道路沿いに残る最高約10メートルの雪壁の間を縫うように、終点の畳平(2702メートル)までの雲上ドライブを楽しんだ。

 スカイライン周辺はあいにく、朝から濃い霧が立ち込めた。大阪市から友人と訪れた森川知香江さん(56)は「景色が見えなくて少し残念ですが、それでも良かった」と話していた。

 畳平の駐車場では「山開き祭」が行われ、観光関係者らが今シーズンの安全登山を祈願した。【大竹禎之】

最終更新:5/15(月) 12:38

毎日新聞