ここから本文です

楽天・岸 “悪夢”振り払う3勝 前回直前回避ヤフオクDで快投

スポニチアネックス 5/15(月) 6:00配信

 ◇パ・リーグ 楽天9―2ソフトバンク(2017年5月14日 ヤフオクドーム)

 楽天・岸が7回を4安打1失点と好投し、無傷の3勝目を挙げた。7回に1死満塁のピンチを招いて犠飛で1点を失ったが6回までは毎回の8三振を奪うなど、ソフトバンク打線を完璧に抑えた。

 「直球のコントロールが良かった。大体、狙ったところに投げられていた」と、満足感を示した。

 悪夢を振り払った。4月23日に同じヤフオクドームで行われた同カードで先発予定だったが、試合直前にブルペンで腰に違和感を覚えて登板を回避していた。それでも「今日は大丈夫でしょと思っていた。さすがに(2回連続は)ないと思った」と平常心で臨み、結果を出した。

 チームは今季2度目の2連敗を免れ、梨田監督は「岸と則本がいるのが大きい。試合をつくってくれる」と賛辞を惜しまなかった。

最終更新:5/15(月) 11:15

スポニチアネックス