ここから本文です

阪神・糸原、代打でダメ押し打!「最高の追加点になった」

サンケイスポーツ 5/15(月) 7:00配信

 (セ・リーグ、DeNA2-4阪神、6回戦、阪神5勝1敗、14日、横浜)まさしく、その瞬間、試合は完全に決した。D5位・糸原健斗内野手(JX-ENEOS)の説明があまりに的確なので、そのまま引用しよう。

 「あそこで打てて良かった。最高の追加点になりました。3-2と4-2では全然違うんで」

 九回。福留の値千金の一打で均衡を破り、なお二死満塁。代打に送られたのは、前の試合までスタメンだった糸原だ。

 出番に備えて「ずっと準備していた」。ハマの守護神・パットンにあっさり追い込まれる。が、意外な勝負強さは、こういう場面での読みにある。

 「真っすぐに合わせて力負けしないように…」 内角高め147キロ速球を中前に運んだ。金本監督が高く評価する「真っすぐに振り負けないスイング」で、攻撃面の隠れたヒーローになった。

 好調だった上本の故障により、ポッカリ空いた二塁のポジション。糸原は5日の広島戦から6試合連続でスタメンに名を連ねた。あの9点差をひっくり返した6日の同戦では、リプレー検証での長い中断後に同点打。打率1割台だが、ファンの脳裏に焼き付く安打を放っている。

 打撃練習では付きっきりで指導している平野打撃コーチは「まだまだ。レギュラーを奪うぐらい打たないと」と評価は厳しかったが、目は笑っていた。

 この日、二塁のポジションに代わってスタメン出場の大和が大活躍。上本もまもなく復帰しそう。熾烈を極める二塁戦争は、好調タイガースの象徴だ。

最終更新:5/15(月) 8:45

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 9:40