ここから本文です

米国で人気の名前は「ノア」と「エマ」、「カイロ」も躍進

ロイター 5/15(月) 14:55配信

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 2016年に米国で生まれた赤ちゃんの名前で最も多かったのは、男児が4年連続で「ノア」、女児が3年連続で「エマ」となった。米社会保障庁(SSA)が発表したリストで明らかになった。

男児の名前の2位以下は、リアム、ウィリアム、メーソン、ジェームス、ベンジャミン、ジェイコブ、マイケル、イライジャ、イーサン。

女児はオリビア、アバ、ソフィア、イザベラ、ミア、シャーロット、アビゲイル、エミリー、ハーパーとなった。

ノアがトップとなる前の14年間は、同じく旧約聖書由来の名前であるジェイコブがトップだった。

また、過去100年間では、女児で人気の名前のトップはメアリー、以下パトリシア、ジェニファー、エリザベス、リンダ。男児ではトップがジェームス、以下ジョン、ロバート、マイケル、ウィリアムとなった。

順位が大きく変動した名前としては、2016年には、女児の名前でケラーニが3359位から87位に大きく上昇。SSAは「グラミー賞にノミネートされたケラーニ・パリッシュに由来すると思われる」と分析した。

男児では、カイロが3269位から901位に躍進。SSAは「2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の登場人物にカイロ・レンがいた」と指摘している。

最終更新:5/15(月) 14:55

ロイター