ここから本文です

間寛平が退院 左鎖骨骨折手術の抜糸完了

5/15(月) 11:57配信

デイリースポーツ

 4月30日に木から落下して肋骨(ろっこつ)9本と左鎖骨を骨折したお笑いタレントの間寛平(67)が15日、退院したことがわかった。自身のツイッターで同日、明らかにした。

 文面では「本日、左鎖骨手術の抜糸も済んで、無事に退院いたしました!」と報告。「激励頂きましたファンの皆様、関係者の皆様、そしてお世話になった病院の皆様、ありがとうございました。今後は自宅で安静療養しながら、1日でも早く仕事復帰できるように頑張ります!ウンバラバ~~」と関係者やファンへの感謝をつづった。

 寛平は4月30日、兵庫県宝塚市内でツイッター連動の配信イベントを開催。動画配信中に木に登ったが4、5メートルの高さから落下した。救急車で病院に搬送されたが左鎖骨と肋骨9本を折っており、全治1カ月と診断され入院していた。今後は仕事復帰に向けて療養する。