ここから本文です

堀越希実子さんが海老蔵・麻央の結婚エピソード 突然家に連れてきた

デイリースポーツ 5/15(月) 12:54配信

 歌舞伎俳優・市川海老蔵の母、堀越希実子さんが15日放送のテレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」に出演し、海老蔵とフリーアナウンサー・小林麻央の結婚当初のエピソードを明かした。

 番組では海老蔵が、恋人だった麻央を初めて家に連れてきた時のことを振り返った。希実子さんは当時、2人の交際を知らなかったそうで、海老蔵がある日「おふくろ、今日はきれいにしておいてくれる?それから家もきれいにしておいて」と頼んできたのを不思議に感じたという。

 するとその日、海老蔵が麻央を連れてきて「結婚しようと思う」と打ち明けられた。希実子さんは「主人と2人でびっくりして。主人は知っていたかもしれないけれど」と懐かしそうに話した。

 白血病を患い、2013年に死去した夫・団十郎も、麻央のことを「とても大事にしていた」(希実子さん)という。

 また、MCの黒柳徹子が海老蔵の少年時代を回顧し「しょっちゅう学校から電話が掛かってきたとか?」と尋ねると「お呼び出しがあると、私がしかられるので(学校に)行かなくなっちゃった。勉強は大嫌いみたいです」と苦笑いした。

 しかし海老蔵は現在、子供2人の面倒をよくみるイクメンパパとして知られる。希実子さんは「びっくりです。(海老蔵が)自分でも言ってます。おやじはこれだけ子供の面倒見なかっただろうって」とほほ笑みながら話した。

最終更新:5/15(月) 13:34

デイリースポーツ