ここから本文です

<陸自>函館周辺飛行中、偵察機の連絡途絶える

毎日新聞 5/15(月) 13:59配信

 15日午前11時47分ごろ、陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市東区)所属のLR2連絡偵察機が、北海道函館市の函館空港周辺を飛行中に管制官との連絡が途絶えた。防衛省が行方を捜している。

 防衛省によると、同機は同日午前11時20分ごろ、函館市で入院中の患者の容体が悪化し、緊急搬送する必要があったため、北海道知事からの災害派遣要請を受けて、札幌市東区の丘珠空港を出発。予定では同50分ごろに函館空港に着陸し、30分後に再び丘珠空港に向かう予定だった。LR2はプロペラ機で乗員は4人だという。【前谷宏】

最終更新:5/15(月) 15:59

毎日新聞