ここから本文です

auで下り最大590Mbpsの通信が可能に LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで

5/15(月) 15:40配信

ITmedia Mobile

 KDDIと沖縄セルラーは、5月16日から下り最大590Mbpsの高速データ通信サービスを東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから順次開始する。詳細な対象エリアは、準備が整い次第、auのWebサイトで公開する。

 4G LTE(2GHz帯)の150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsのネットワークを組み合わせる「キャリアアグリゲーション」を活用することで、下り最大590Mbpsを実現する。WiMAX 2+の下り最大440Mbpsは、基地局と端末に4本ずつのアンテナを搭載する「4×4 MIMO」と、キャリアアグリゲーションによって実現している。

 16日から配信するソフトウェアアップデートにより、WiMAX 2+対応ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」で、下り最大590Mbpsの通信が利用可能になる(それまではWiMAX 2+の下り最大440Mbpsが最速値)。

 また、今後発売される予定のauスマートフォンでは、通信環境に応じてWiMAX 2+(440Mbps)から4G LTE(150Mbps)という順番か、4G LTE(150Mbps)からWiMAX 2+(440Mbps)という順番で自動接続することで、下り最大590Mbpsのデータ通信が可能になる。

最終更新:5/15(月) 15:40
ITmedia Mobile