ここから本文です

JR東、PC1台がサイバー攻撃被害 ランサムウェア「WannaCry」に感染か

ITmedia NEWS 5/15(月) 15:40配信

 JR東日本は5月15日、同社のPC1台がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。世界各地で猛威をふるうランサムウェア「WannaCry」の可能性があり、「原因を調査中」という。電車の運行システムへの影響はないとしている。

【画像】WannaCryの感染画面

 同社の広報部によれば、12日に関東地方の支社にあるPC1台がウイルスに感染していたことが判明した。このPCは、社内ネットワークには接続しておらず、電車の運行システムや利用者向けの案内サービスへの影響はないという。

 WannaCry(WannaCrypt、WannaCryptor)は、古いWindowsの脆弱性を悪用したランサムウェア。5月12日から世界各地で被害が相次ぎ、日本国内でも日立製作所や大阪市が攻撃を受けた恐れがあるとしている。

最終更新:5/15(月) 18:37

ITmedia NEWS