ここから本文です

<名古屋大学生寮火災>身元は工学部1年の男子学生 自殺か

毎日新聞 5/15(月) 18:39配信

 名古屋市昭和区高峯町にある名古屋大の学生寮「国際嚶鳴(おうめい)館」で今月4日、3階の一室が焼け、遺体が見つかった火災で、愛知県警昭和署は15日、遺体はこの部屋に住む工学部1年の男子学生(20)だったと発表した。死因は全身やけど。室内からは灯油やガソリンが見つかっており、同署は自殺の可能性が高いとみている。

 火災は4日午前8時15分ごろ発生。学生に会いに来た両親が爆発音に気づいた。学生は留年し、学業に悩んでいたという。【道永竜命】

最終更新:5/15(月) 18:39

毎日新聞