ここから本文です

「セゾンNetアンサー」「MUFGカード」をかたるフィッシングメールが出回る、フィッシング対策協議会が注意喚起

Impress Watch 5/15(月) 14:29配信

 「セゾンNetアンサー」と「MUFGカード」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が15日、相次いで注意を促す緊急情報を出した。それぞれの誘導先となるフィッシングサイトは同日13時30分現在、すでに停止が確認されているが、類似のフィッシングサイトが公開される恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 セゾンNetアンサーをかたるフィッシングメールは、件名が「【重要:必ずお読みください】セゾンNetアンサーご登録確認<日付または時刻>」。MUFGカードをかたるフィッシングメールは、件名が【重要:必ずお読みください】」。いずれも本文では、第三者によるアクセスを確認したために顧客の登録IDを暫定的に変更したとして、顧客に対して任意のIDを再登録するよう求めるもの。

 いずれも誘導先の偽サイトでは、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードといったクレジットカード情報、メールアドレス、生年月日といった個人情報、ID、パスワードのアカウント情報を入力させる。フィッシング対策協議会では、こうした情報を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けている。

 フィッシングサイトのURLは、セゾンNetアンサーをかたるフィッシングが「http://my●●●●.cn/」。一方、MUFGカードをかたるフィッシングが「http://www.●●●●.loan」「http://www.●●●●.top」「http://www.●●●●.store」「http://www.●●●●.red」「http://www.●●●●.bid」「http://www.●●●●.trade」「http://www.●●●●.space」の7つで、末尾は「selected/id」で共通している。

 MUFGカードをかたるフィッシングメールは4月24日と4月10日、セゾンNetアンサーをかたるフィッシングメールは2016年12月21日と11月27日に、それぞれ注意喚起が行われている。

INTERNET Watch,岩崎 宰守

最終更新:5/15(月) 14:29

Impress Watch