ここから本文です

「織田信長はなぜ岐阜と命名したのか」、岐阜入城/命名450年を記念したシンポジウムを7月9日開催

Impress Watch 5/15(月) 14:51配信

「トリニティぎふ」と「岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会」は、7月9日に織田信長岐阜入城・岐阜命名450年を記念して 「『岐阜命名シンポジウム』~織田信長はなぜ岐阜と命名したのか~」を開催すると発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 静岡大学名誉教授で大河ドラマの時代考証などでも知られる小和田哲男氏を招いた講演会や、美濃源氏フォーラム事務局本部 理事長の井澤康樹氏との対談などが予定されている。

 会場は長良川国際会議場で、入場料は無料だが、事前の申し込みを往復はがきを使って6月9日までに行なう必要がある。

■「岐阜命名シンポジウム」~織田信長はなぜ岐阜と命名したのか~

開催日:2017年7月9日
スケジュール:13時30分開場、14時小和田哲男氏の講演会、14時50分小和田哲男氏と井澤康樹氏の対談、16時閉演予定
会場:長良川国際会議場 4階 大会議室(岐阜県岐阜市長良福光2695-2)
定員:300人
申し込み方法:申し込み1人につき往復はがき1通を使い、下記必要事項を記入のうえ、郵送。6月9日必着。定員を超える応募があった場合は抽選
・往信表面 「〒502-0817 岐阜市長良福光2695-2 長良川国際会議場『岐阜命名シンポジウム』係」と記入
・往信裏面 何も記入しない
・返信表面 応募者の郵便番号、住所、氏名を記入
・返信裏面 応募者の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入
TEL:058-269-1200

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:5/15(月) 14:51

Impress Watch