ここから本文です

セウォル号の一般用客室で「人骨」 2日連続=韓国

聯合ニュース 5/15(月) 17:19配信

【木浦聯合ニュース】2014年4月に韓国南西部の珍島沖で沈没し、今年3月下旬に引き揚げた旅客船セウォル号の船内で15日、人骨とみられる骨片が新たに12個見つかった。

 修学旅行客ではなく、主に一般客が利用した3階の客室からで、14日に同客室から初めて骨片3個が見つかっている。 

 セウォル号の現場収拾本部は一部を国立科学捜査研究院に送り、DNA鑑定などで正確な身元を特定する方針だ。

 沈没事故では修学旅行中だった高校生ら295人が死亡、9人が行方不明のままとなっている。

最終更新:5/15(月) 17:41

聯合ニュース