ここから本文です

大和 左打席で9回決勝点お膳立て「バットに当てれば何とかなる」

スポニチアネックス 5/15(月) 8:05配信

 ◇セ・リーグ 阪神4―2DeNA(2017年5月14日 横浜)

 スイッチヒッター冥利に尽きる一戦だった。「2番・二塁」で今季初めて先発起用された阪神・大和が期待に応えた。

 「初球からどんどんいこうと。左打席は特に積極的に。三振したら意味がない。バットに当てれば何とかなるので」

 勝利に大きく貢献する一打は9回だった。この日4打席目で初の左打席だったが、守護神・パットンの初球を捉え左前打。昨秋から取り組む不慣れな左打席では、追い込まれると対応が苦しくなる。好球必打の精神で快音を響かせた。次打者・糸井の四球で二進し福留の右前打で決勝の生還を果たした。今季初の右打席での安打となった3回の遊撃内野安打の際には気迫あふれるヘッドスライディングも披露。自身初のゲーム左右打席安打も記録した。

 待望の先発起用だった。5日の広島戦で上本が右足首を負傷。相手先発に右投手が続いたため、糸原が6日の同戦から5試合連続で「二塁」のスタメンを任されてきたが、この日は左腕・今永が先発とあり指名された。

 初回無死一塁の守りでは梶谷の一、二塁間への痛烈なゴロを好捕。素早く一塁へ送球したが悪送球となって無死二、三塁とピンチが広がり2失点につながった。名手ならではの守備範囲の広さがマイナスとなったが、悔しい思いをバットにぶつけ、16年9月8日巨人戦以来の2安打を放った。

 金本監督も賛辞を惜しまない。「2回、出塁してね。まさかの2安打。最後のヒットなんて、本当にナイスヒットだったしね。(2番起用は)足もあるし、何て言うのか(大和が下位だと)下位打線が薄くなる。まあ北條の方が少しは長打を望めるから」と9回の一打を高く評価した。

 「任されたところで、しっかりやるだけなので」。守備固めに代走など役割は多岐にわたるが、大和が改めて存在感を発揮する一日だった。

最終更新:5/15(月) 8:05

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 15:10