ここから本文です

【オークス馬体診断】レーヌミノル

5/15(月) 14:39配信

デイリースポーツ

 「オークス・G1」(5月21日、東京)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【G1写真集】オークス出走予定馬12頭を一挙掲載!

 【レーヌミノル=評価C】

 デイリー杯クイーンC→フィリーズレビューを経由しての桜花賞。トモが少し落ちてやや前駆体形になったことが上積みの面で引っかかり、C評価にしてしまった経緯がある。

 道悪を苦にしなかったこともあるが、以前よりパドックでも落ち着き払っており、精神的に大人になってきたことも好走要因だろう。この時期の牝馬が二四をこなすには一にも二にも折り合いだが、そういう意味では気性面の成長は心強い。

 ただ、桜花賞よりさらにトモの膨らみが足りず、肩の角度や前駆体系、首差し+胴+脚の長さとバランスやピッチ走法からすれば千四がベストの判断は変わらない。春4走目で上昇度は薄い印象だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉池添を背に栗東CWで6F81秒8-36秒6-12秒4(強め)。僚馬2頭を1秒追走する形から大きく先着した。道中からスピード感満点の走り。ラストも余力残しでズバッと伸びてきた。気配も申し分なく、状態はさらに上向いている。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ