ここから本文です

<福岡市>「何の現象ですか」虹のような光の輪「日暈」

毎日新聞 5/15(月) 19:04配信

 福岡市で15日、太陽を囲むように虹のような光の輪ができる「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が見られた。同市中央区では午後1時前に確認された。

 気象庁によると、日暈は上空数千メートルにできた上層雲をつくる氷の結晶に太陽の光が反射、屈折して発生する。薄い雲が太陽の周辺にかかった時に見えることがある。福岡管区気象台には日暈を見た人から「何の現象ですか」などと問い合わせの電話が相次いだという。

 日暈は天気が下り坂になる前兆ともいわれているが、気象台によると九州は16日もおおむね晴れる見込み。【山下俊輔】

最終更新:5/15(月) 19:28

毎日新聞