ここから本文です

米国抜きTPP発効へ連携 石原TPP相とNZ貿易相

朝日新聞デジタル 5/15(月) 20:24配信

 環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐり、石原伸晃TPP担当相は15日、東京都内でニュージーランド(NZ)のマクレー貿易相と会談し、米国抜きの11カ国による発効をめざして連携することで一致した。

 日本とNZは、21日からベトナムで開かれる閣僚会合の共同声明に、11カ国による早期発効を盛りこむことを検討している。会談後、石原氏は「11カ国の結束と今後のTPPの方向性を明確に打ち出すことが極めて重要だ」と指摘する一方、「(発効をめぐる)各国の思惑にはかなり差がある」とも語った。

 NZは11日、TPP締結の国内手続きを終えた。日本に次ぐ2カ国目で、11カ国による発効に向けて日本とともに主導的役割を果たす考えを示している。(南日慶子)

朝日新聞社

最終更新:5/15(月) 20:24

朝日新聞デジタル